HOME>オススメ情報>気の合う仲間とみっちり学んで業界に就職できる

初めての人でも安心

イラスト

アニメが好きで自分も作ってみたいという人も多いでしょう。そんな時はアニメの専門学校に通うという選択肢があります。多くの専門学校では2~3年間アニメ制作のあらゆることを学んでいきます。集中して学ぶことで、最終的に仕事にできることがメリットです。学校では自分だけでなくアニメが好きで情熱を持った人が多く集まります。制作にあたっては描くだけでなく、動画・編集・声優・監督と個々が役割をもって協力します。気の合う仲間を作ることはとても大切なのです。実習や卒業制作では必ず作品を作ります。仲間がいれば充実して作品作りに取り組めるでしょう。また、専門学校では高度な専門知識がない人でも入学できます。デッサンや編集技術などがない人でも安心です。講師が丁寧に教えてくれるので本人のやる気さえあれば上達します。

指導してくれる部分

独学でアニメ制作をすることは可能です。しかしこれでは自分の欠点などは周りに教えてもらわないと分からなくなってしまいます。自分でどんどんスキルアップしないとレベルの高い作品は作れません。アニメの専門学校なら絵に長けたプロの講師が指導します。作品を見ればその人の良し悪しを的確に指摘してくれるでしょう。自分の欠点を把握できれば短時間でスキルアップできます。講師から描き方を教わることもできるでしょう。しかし、講師からありとあらゆる部分を教えてもらえば作品の個性がなくなる可能性もあります。この場合は講師に指摘されて描き方が変わっても、自分自身が工夫すればば個性が喪失する事はありません。

就職につながりやすい

アニメを制作する機会は多く、就職活動の選択肢は多くあります。専門学校で学び、業界とパイプを持てれば業界を詳しく把握する事が可能です。専門学校にはプロの漫画家やイラストレーターなどが在籍しています。プロフィールや実績はホームページで公開されています。熱意がある方は講師を把握してどの専門学校が良いか比較検討しましょう。独学だと就職活動を自分で行いますが、アニメの専門学校へ通えば就職もサポートしてくれます。ただ履歴書を書くだけでなく、ポートフォリオの作成も教えてくれるのです。作品を見てもらうためにもポートフォリオは非常に重要になります。

広告募集中